Blogブログ

ブログ

2018/06/03

enjoy life 趣味

フラメンコ始めました♪〈10〉

3月から通い始めたフラメンコ教室。
今週も2回参加できたので通算20回です。
「お稽古に通う」という響きが新鮮で楽しく続いております。

以前にも書きましたが、私はフラメンコ教室の準備運動だけでも満足しています。
なぜなら、日常生活ではしない動作をすることで、自分の身体と対話ができるから。
それができるのは、先生の説明が、私向きでとても判りやすいおかげです。
昔通っていたエアロビクスインストラクターやジムのトレーナーからも同じことをご指導頂いているのですが、
フラメンコの先生の表現の仕方が違うのです。

私は「体幹を鍛える」と言われると「体幹」という漢字をイメージしてしまい、自分の身体と結びつかない。
フラメンコの先生は、専門用語を使わず説明してくれます。
「身体の中は見えないけれど、お腹と背中の間の中心に小さいボールがあると思ってください。
そこからワイヤーが伸びていて、その先に大きなボールが付いています。そのボールが頭ね」

こう言われると、言われた順番に自分の身体の中のこととしてイメージできます。
首をぐるりと回す動作は、この小さいボールに力を入れて回すと大きなボールも一緒に動くということ。
日常生活の中でも、この小さいボールの感覚はすぐ思い出せて、力を入れるよう心がけています。

昨日の骸骨を例えにした説明が、またまた、とっても判り易く面白くて私に大受けでした♪

「身体は見た目は、長方形ですべて繋がっているようだけれど、骨だけで意識すると別々に動かせる。
骸骨がそうでしょ」
私は、どうして先生の身体中の関節が、あんなに美しくよく動くのだろう?と、ずっと観察していました。
骸骨の動きを想像したら、納得!動かせる位置を探したら良いのですね。

同じ説明も表現を変えてみると理解できる。
これは、カウセリングに使う「リフレーミング」と同じですね。

私が楽しく通えるのは、フラメンコの魅力+先生の魅力も大きいな♪

ブログページ表紙の画像は、CDについていたもの。
このように美しく身体を動かせるようになりたいものです。

では、今日はこのへんで。続きは、また来週!
Ciao!

大阪市阿倍野区のカルチャースクール VIVI・AN (ヴィヴィ・アン)

住所
〒545-0053 大阪府大阪市阿倍野区松崎町3-15-14 ジョイテル阿倍野303
営業時間
平日10時〜20時
定休日
不定休
最寄駅
・JR「天王寺」駅東口より徒歩7分
・地下鉄御堂筋線「天王寺」駅3番出口より徒歩7分
・近鉄「あべの橋」駅より徒歩7分
・地下鉄谷町線「阿倍野橋」駅3番出口より徒歩5分
・阪堺電車「阿倍野橋」駅より徒歩5分
電話番号
06-6624-0720

Top