Blogブログ

ブログ

2018/08/18

enjoy life 趣味

楽しい趣味~カリグラフィー

永遠に続くかと思われた暑さも嘘のように涼しい朝晩ですね。
昨夜もエアコン無しで過ごせて身体が喜んでいます。

この休みの1日、家の中を片づけ整理していました。
ゴソゴソしていると、忘れていた昔の作品と遭遇します。
今回出会ったのは、カリグラフィー作品。
画像は私の作品では無く、中世の資料をコラージュしたもの。
カリグラフィーとは、西洋の習字のようなものです。
子供の頃は、真っ白な和紙に真っ黒な墨でノビノビと書く習字が大好きでした。
硬いペン先にインクを付けながら丁寧にキッチリ書いていくカリグラフィーは、習字の筆の柔かさとは違う別の魅力があります。
お手本通りに書く。そして崩す。守破離が楽しく随分のめり込んで書いていた時期が想いだされて、とても懐かしい氣持ちになりました。

ギリシャ語で「美しき書き物」という意味のカリグラフィー。
この美しい文字の元になっているのは、古代ローマ時代の石碑に刻まれていたキャピタル・モニュメンタリスと呼ばれる文字のようです。
そして2〜3世紀頃アンシャル体の文字が、キリスト教の文書に使われるようになる・・・
このような歴史の流れの中で、生みだされてきた文字は、どれもとても美しい字体なのです。

活字印刷技術がまだ無く、当然手書きで書かれていた文字。
紙もまだ無く、羊や子牛の皮に書かれていた文字。
ペンは葦の茎やガチョウの羽根軸を削って書く文字。
インクは煤、やに、水を混ぜたもの。
装飾するための絵具は、動物、植物、鉱物など様々な物質から作る・・・
何でも簡単に揃う現代からすると、文字を書くということに氣の遠くなる程の時間が必要でした。
書き損じると、羊皮紙をナイフで削ってたそうです。
当然、とても貴重で高価なために、より多くの文字を美しく詰め込んで書かれています。
聖書のように信仰にかかわる書物は、写本そのものに価値があり修道士たちの仕事でもあったようです。
アンティーク好きな私は、このようなヨーロッパの長い歴史に思いを馳せながら、書いていると・・・
(遠い昔に私もこれを書いていたかもしれない)という氣持ちになります。
私の楽しみ方は妄想の世界に入り、なりきること♪
カリグラフィーだけでなく、何をするにも想像力豊かになりきる。
そうすると、好きなことだけでなく、嫌なことでも結構楽しんでできますね。。。
自分でストーリーを創り登場人物を当てはめて・・・
もちろん主人公は私。

楽しそうでしょ♪

只今進行中のなりきり趣味はフラメンコ。
こちらは、カリグラフィーのように容易には進みませんが、そこは無限に想像力を膨らませて・・・(苦笑)

あなたにも、なりきれる趣味ありますか?

同じように流れる毎日の時間を楽しんでまいりましょう!

大阪市阿倍野区のカルチャースクール VIVI・AN (ヴィヴィ・アン)

住所
〒545-0053 大阪府大阪市阿倍野区松崎町3-15-14 ジョイテル阿倍野303
営業時間
平日10時〜20時
定休日
不定休
最寄駅
・JR「天王寺」駅東口より徒歩7分
・地下鉄御堂筋線「天王寺」駅3番出口より徒歩7分
・近鉄「あべの橋」駅より徒歩7分
・地下鉄谷町線「阿倍野橋」駅3番出口より徒歩5分
・阪堺電車「阿倍野橋」駅より徒歩5分
電話番号
06-6624-0720

Top